ライバルに差を付けるメールテクニック

ゲイサイトにいる数多くのライバルから勝つためには、メールテクニックを磨く必要があります。

ゲイサイトで相手と一番最初にコンタクトを取るときに必要なものです。
しかも、ゲイサイトなどでは顔を見ることができません。
メールからすべてを情報を得て、相手はあなたのことを判断することになります。

相手が好感を持つようなメールを送れることができれば、あなたは勝ち組に進むことができるでしょう。

では早速具体的にご紹介していきます。

■メールを送るときに絵文字をたくさん使いますか!?

絵文字は適度に入れるのが正解です。
あまり多くなり過ぎると、相手は警戒心をあなたに抱くことになりかねません。
「この人は遊び人なのか!!」「手慣れたような感じのメールだね!」とかマイナスのイメージを植えつけることになります。
一概に言えませんが、一般的に絵文字をたくさん使うようなメールを送る人は遊び人というレッテルが貼られているのです。
そのため適度に絵文字を入れるようにしましょう。

■返信メールはすぐに返すべきだ!?

これは正解ですね!!
よくがっつき感を出さないためにも、相手が送ってくれたメールへの返信はすぐに返さないようにしたほうが良いということが言われたりします。
しかし、ライバルはその間もあなたがお気に入りのゲイに対して、ガンガンもうアタックをかけているのです。
そんな悠長な時間はありません。
また女性もそうでがう、ゲイだって同じです!
つまり、押しに弱いということです。
そのため、ガンガンと自分からメールを送るくらいに攻めるスタンスが大事です。

■メールはタメ口書いていいのか!?

ファーストメールの場合は、少しかしこまったメールを送るようにしましょう。
相手がどんな人かまだ分からない状況であれば、タメ口でいきなりいくのはリスクが大きすぎるからです。
数回相手とメールでのやり取りをしていくうちに、この人はタメ口でも大丈夫だと判断することができるようになるはずです。
最初から最後までかしこまったメールは相手との距離が縮まらないので、やめましょう。
最初はかしこまったメールで、徐々にフランクなメールにしていくのが理想です。
ただ、これはケースバイケースです。
そのときの相手との距離感や状況などを考えながら、やってみてください。

MEN'S CLUB ゲイ☆パラ メンズゲット